ダンロップフェニックストーナメント

8番ホール|コース紹介

387 Yards, Par 4

右サイドのラフにある木(213ヤード地点)を目標に、スプーンで真っ直ぐ打っていくのが基本の攻め方。このライン上に270ヤード前後を打てれば、左のバンカーにも入らず、ベストポジションに止めることができる。そうするとセカンドショットをウェッジで打つことができ、ピンがグリーン手前の段にあればバーディチャンスに付けやすい。しかしピンが奥とか、段ぎりぎりに切ってある場合には、スピンのかかりすぎに注意が必要、スピンコントロールが大切になる。パーでは少し物足りなく感じるホールだ。