ダンロップフェニックストーナメント

大会概要

第43回ダンロップフェニックストーナメント
9月1日より前売り観戦チケット販売開始

今年で43回目の開催を迎える『ダンロップフェニックストーナメント』(主催:住友ゴム工業<代表取締役社長:池田育嗣、本社:神戸市中央区>、フェニックスリゾート<代表取締役社長:松永裕文、本社:宮崎県宮崎市>、毎日放送<代表取締役社長:三村景一、本社:大阪市北区>)は、宮崎県のフェニックスカントリークラブを舞台に、11月13日(日)~20日(日)をトーナメントウィークとして開催し、国内最高の賞金総額2億円(優勝賞金:4,000万円)をかけて84名のトッププレーヤーが熱戦を繰り広げます。

大会では開催に先駆け、各日の入場料金が1000円引きとなる「デイリーチケット」のほか、4枚綴りのチケットにトム・ワトソンゴルフコースの特別優待券など特典満載の「ウィークリーチケット」を9月1日(木)より発売いたします。またフェニックス・シーガイア・リゾートとトーナメント観戦が楽しめるお得な「ダンロップフェニックストーナメント リゾートパッケージチケット」が新登場!トーナメント観戦+フェニックス・シーガイア・リゾートのさまざまなアクティビティーやグルメを楽しめるお得なチケットです。チケットの発売開始は9月中旬を予定しています。

ダンロップフェニックストーナメントは1974年の第1回大会から今年で43回目の開催を迎える、世界の超一流プレーヤーたちが歴史を紡いできた伝統の一戦です。大会では、ここ数年で米PGAツアーを中心に世界のゴルフ界に定着した松山世代の若手プレーヤーたちの活躍という流れを宮崎で再現することを目指しています。

昨年大会では連覇を目指す松山の追撃を振り切って宮里優作が大会初優勝、日本人8人目のチャンピオンが誕生しました。過去の優勝者で連覇を果たしているのは、ラリー・マイズ(1989‐90年)、尾崎将司(1994‐96年・3連覇)、タイガー・ウッズ(2004‐05年)、ルーク・ドナルド(2012‐13年)の4名で、今年宮里が優勝することになれば大会史上5人目の記録となります。

大会の模様はMBS発JNN系24局ネットにて11月19日(土)14:00~15:54、20日(日)15:00~16:54の日程で全国放送を予定しています。また出場選手については海外からの選手を含め10月18日(火)に発表させていただく予定です。どうぞ楽しみにお待ちください。

大会オフィシャルショップで前売券を販売中!